第02回 アリストテレス:『心とは何か』

発達科学の先人たち
第02回 アリストテレス:『心とは何か』

森 津太子


1.アリストテレスとその時代
2.『心とは何か』を読む
3.アリストテレスが心理学にもたらした影響


1.アリストテレスとその時代
アリストテレス
前384年 – 前322年3月7日 アリストテレス

プラトン:思弁を好み、理想主義的で、心理を追求するには直接経験を無視
アリストテレス:実証性を好み、現実主義的で、自然観察を通じてこそ心理を到達できる考えた。

アテナイの学堂(画家ラファエロ・サンティ)
プラトンが天を指している(理想主義)のに対し、アリストテレスの手は地に向けられている(現実主義)

逍遙学派(しょうようがくは)、またはペリパトス派
(アリストテレスが創設した古代ギリシアの哲学者のグループであり、彼の学園であるリュケイオンの学徒の総称。)


2.『心とは何か』を読む
1.1題名と構成
『心とは何か』
・世界初の心理学書
・人間の心の問題を体系的に初めて論じた
・psyche「魂」、「霊魂」、「魂について」、「霊魂論」と訳されることが多かった。
・英語の心理学を意味するサイコロジーpsychologyは、このpsycheとロゴスlogosから成り立っている。

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/koneko/2rekis.html

心とは何か?心の意味を徹底解説

●第1巻
第1章 心についての探究法と、それに関連する諸問題
第2章 心についての先人たちの見解
第3章 心を運動するものとする説の批判
第4章 心を調和とする説、心を自己自身を動かす数とする説の批判
第5章 心を自己自身を動かす数とする説、諸元素から成るものとする説、万物に内在するとする説の批判
●第2巻
第1章 心の一般的な定義
第2章 原因としての心の定義
第3章 心の諸能力と種に固有な定義の与え方
第4章 栄養摂取能力、生殖能力
第5章 感覚について論じるための重要な術語 ほか
●第3巻
第1章 感覚の種類の数、共通感覚
第2章 共通感覚のはたらき、判別する能力
第3章 感覚と思考の区別、心的表象
第4章 思惟するものとしての理性
第5章 作用する理性と作用を受ける理性 ほか

2.2心を探究するということ
「心に関する研究に第一級の地位を与えるのは当然のことだろう、、、、心はいわば生物の原理だからである。」

心の本質は何かを見極め、それを分類、定義することが必要としている。
可能態
終局態

2.3心の本質(第2巻)
「心」の暫定的な定義「可能的に生命をもつ自然的物体のいわば形相」
物体:「身体」に近い意味を含むが、「命あるもの」という意味が最初から付与されるので物体としている。
形相:アリストテレスが物事の成り立ちを説明するのに提案した4つの原因の一つで、形を与えるものとしての原因や、物事が持つ能力、機能、形式を意味する。
質料:材料としての原因、すなわち事物の素材(物資的成分)である。

プラトン:すべてを物質に還元することはできず、事物を成立させるには、それを支える機能や形式が必要だと考えた。それは感覚によって直接、知覚されない事物の本質であり、これをイデアと名付けている。形相を質料から分離できるものと考えた
アリストテレス:イデアの考えを受け継いでいるが、眼前にある物、それ自体に含まれており、感覚を通じて理解できるとしている。形相と質料の両者は分かちがたく結びついていると考えた

「可能的に生命をもつ自然的物体の第一の終局態」と言い換える
終局態:終わりや目的といった意味を含む造語である。
実現態:終局態と同じ意味で使われる
可能態:能力や可能性を意味する。対語「終局態」及び「実現態」
形相:終局態
質料:可能態
第一の終局態:ある能力や機能が備わった状態
第二の終局態:その能力が発揮されている状態

10分でわかるアリストテレスの思想 – 形而上学、自然学をわかりやすく解説


アリストテレス:心を「生命体がある能力(機能)を備えた状態」と言い換えている
「可能的に生命をもつ自然的物体」を(生きるための)「道具としての器官をもつ自然的物体」とも言い換えている。
心身の同一性、一体性を明言している。

 

心というのは、第一の意味で「それによって私たちが生き、感覚し、思惟するもの」であり、したがって、一種の定義内容であり、形相であって質料すなわち基体ではないことになる。

具体的に生命を与える能力として
栄養摂取能力
感覚能力(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)
欲求能力
場所的に移動する能力
思考能力

アリストテレスは、植物にも動物にも心は宿っている。すべての生物に宿る心はまったく同じと考えではなく、心の諸能力には階層性がある。
植物:栄養摂取能力
動物:感覚能力、欲求能力、場所的に移動する能力
人間:思考能力、理性

http://saintcross.jp/kaian/book/2_4.php

植物に「意識」はあるのか?

植物は音を「聞く」ことが可能と判明

2.4感覚と理性(第3巻)

共通感覚:複数の感覚を統合するもの

受動的理性:身体とともに死滅

能動的理性:死滅後も、生き残る

意識は「物質と電磁気エネルギー」であるとする新理論。もしそうならAIに意識を宿すことも可能となる(英研究)

3.アリストテレスが心理学にもたらした影響

「心とは何か」がもっとも有名だか、

「自然学小論集」には

「感覚と感覚されるもの」、「記憶と想起」「睡眠と覚醒」「夢」「夢占い」「長命と短命」「青年と老年」「生と死」「呼吸」のように心理学に関係が深いトピックがある。

「政治学」に「人間は社会的動物である。」社会心理学 (心理と教育へのいざない。第08回)




発達科学の先人たち
目次
1 発達科学と先人の足跡
2 アリストテレス:『心とは何か』
3 貝原益軒:『和俗童子訓』
4 ダーウィン:『人及び動物の表情について』
5 ヴント:『民族心理学』
6 デュルケム:『道徳教育論』
7 シュタイナー:『子どもの教育』/『教育術』
8 モンテッソーリ:『子どもの発見』
9 バートレット:『想起の心理学』
10 ピアジェ:『思考の心理学』
11 ハーロウ:『愛のなりたち』
12 アリエス:『〈子供〉の誕生 アンシァン・レジーム期の子供と家族生活』
13 清水義弘:『試験』
14 土居健郎:『「甘え」の構造』/『続「甘え」の構造』
15 先人たちと現代社会

Pocket
LINEで送る

“第02回 アリストテレス:『心とは何か』” への18件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA