「無理ゲー社会」をこれからどう生きる。

後悔のない人生を送るために

『なりたい自分』『理想の自分』になるために

後悔しない生き方が真の自由

人生で一番大切なゴールはきっと、『幸せに生きる』ってことで、そのために、

『幸せな自分』とはどういう人間なのか?ということを言語化

今の日本という国は、会社も国も、個人の幸せに責任を持てない

自分の力でそれを実現する必要があります。

そのための第一歩となるのが、『自分を大切にする』『自分を最優先にする』ってこと。

余計なノイズ、他人とか世間に刷り込まれた思い込みを取り払って、自分の心の声を聴いて、自分の心が望むことを自分に許す。

『自分を大切にするために、自分という人間が何を望んでいるのか?を明らかにし、自己理解を深める』

自分のことを知らなさすぎるし、自分の心が求めている本音の声に耳を塞いで生きている。

後悔のない人生を歩む、って覚悟の決める。

人生100年時代の「働く・学ぶ・遊ぶ」の極意

 

その人が持っている宿命的なものを除けば、社会で生きる限り生存競争と条件闘争に勝つか負けるかでその人生の質が決まります。

どんな理屈を言ってみても、最終的にはその人の持った宿命の上に乗った寿命は、生存競争と条件闘争に勝てるかどうかで長さが決まります。

永遠に生きることはできなくても、自分の持つポテンシャルを最大限伸ばして生き続けたいならその競争と闘争で良い結果を出し続けるしかありません。

病気になるかならないか事故や災害にあって死ぬか死なないか人間関係でストレスを溜め込むことになるかならないか犯罪に巻き込まれるか巻き込まれないか、

それらの条件は、その人がどういう環境を得たかでかなりの部分が決まってしまいます。

病気になるような空気が悪く騒音が激しくジメジメした暗い環境に住めば、生き残りに不利です。

ハザードマップで危険度が示されているような環境に住めば、生き残りに不利です。

悪い人間関係を作ってしまったり、犯罪の多い地域に住めば、生き残りに不利です。

ストレスが多い仕事不健康な生活習慣を持ってしまえば、生き残りに不利です。

社会での「負け組」と呼ばれる人は、それら「生き残りに不利な環境」しか得られなくなってしまうのです。「負け組」は直接的に死をもたらしませんが「生き残りに不利な環境」に追いやられることで間接的に寿命が縮んでしまうのです。

世間の親はそのことを本能的に理解しています。だから子の教育で必死になるのです。

親は子に良い学歴を持たせ良い会社へ就職させ、子が生存競争や条件闘争をする時に少しでも有利になるようにしてあげたいという欲求を持っているのですね。

ただし、学歴や良い会社への就職が「生き残り」に本当に有利かどうかは分かりません。

お金持ちが健康で長生きするのは、それだけ良い環境良い医療を受け、知的な生活をして危険を避けて暮らしているからです。

セキュリティが高く環境の良い大きな家に住んで、良い食材を厳選して食べ、ボディーガードを雇い安心してストレスなしに暮せば、それは寿命は伸びるでしょう。

大金持ちになれなくても、そこそこお金を得て智慧をつければ生き残りには有利になってくるでしょう。

「勝ち組」になる最大の要因は、脳の優秀さです。

人間の脳は「より良く生きるため」「生き残るため」に特化されて進化してきました。

どんなことがあっても生き残りたいなら、

脳を鍛え育てて、脳の持っている能力をフル活用し最大効率で働かせましょう。

そのためには悩まない脳を作ることです。

どうでもいい必要のない知識を自慢しあってマウントの取り合いをしたり、

娯楽にばかり脳のリソースを無駄遣いしている暇があったら、

自分が生き残るためにどんな知識が必要でどんな人と付き合えば良いかを徹底的に考え続けましょう。

そして行動に移しましょう。

自分の環境を常に観察して危険があれば、その危険を避けて、転身してより安全な環境に移動できるスキルを磨きましょう。

危険を避け、生存競争、条件闘争で勝ち残り生き残って来ています。

悩まないためにどうすれば良いかを考えるのもこの脳です。

ストレスを減らし、危険な人間関係、自分のためにならない人間関係を捨てて、

ものごとを前向きに考え、不安を持たず、悪い知識ではなく良い知識を厳選して取り込み、

危機感を高め、計画的に考え、準備を怠らず、自分のコンディションを常に確認して、

エネルギーを無駄に使わず、疲れを溜め込まず、健康を維持することです。

人類は脳をフル活用したことで生き残れたのです。

脳に悪いことを止め、脳に良いことをしましょう。

それが生き残る可能性を最大限に高める方法です。

【人生の階段を優雅に進むために】76歳心理学者に学ぶ「幸せな晩年を過ごすためのヨガセラピー」

70歳定年が現実に! 「ウザい中年」にならないために唯一心懸けたいこと

50歳を乗り越えても…65歳で急に「転落の危機」に陥るワケ

虚しさを感じる“人生の課題”を解決するヒント|『心を満たす50歳からの生き方』

「アラフィフ」の処方箋、なぜ50歳が近づくと自分の生き方に疑問がわくのか?

「働き方劣化国家」日本が世界に取り残される理由

50才代の会社員が考えること。

入院中に、雇用保険法改正案が閣議決定され段階的に料率引き上げに

「会社がツラい…」強いストレスを感じているサラリーマンが50%以上いる実態

人生と仕事の新デザイン タナケン先生×グラットン氏

1日ビール1缶でも脳が萎縮? 認知機能への影響は…

会社が居場所の50代

もう明るい未来はない…将来を諦めた「日本の50代」が抱える悲壮感

「もう50歳。定年まで何をすればいいか悩ましいよ」と友はぼやく。あなたは50代をどう生きますか?

「もう50歳。定年まで何をすればいいか悩ましいよ」と友はぼやく。あなたは50代をどう生きますか?

幸福度は最下位 50代男性を襲う「定年前の3つのブルー」

50代を「人生で一番愉快な黄金期」にできる人は何が違うのか

50代で将来に焦る人の一発逆転ははたして可能か

貧困より恐ろしい死に至る病…40代50代のサラリーマンを襲う「絶望死」のハイリスク

 

本当の課題

Pocket
LINEで送る