第11回 イメージを用いた心理療法

心理と教育へのいざない。
第11回 イメージを用いた心理療法

小野けい子
イメージを用いた心理療法として、箱庭療法、MSSM法、夢分析を紹介している。

■心理療法(フロイトとユング)

「無意識への道路」フロイト
「夢分析」夢は無意識への王道である

自由連想法

ユング 夢療法

エレンベルガー「無意識の発見」

■箱庭療法
ドラ・M.カルフ

ドラ・カルフ

1956年カルフ
カルフ箱庭療法 ドラ・M・カルフ(誠信書房)

箱庭療法をはじめたドラ・カルフさんが心理学を学び始めたのは45歳でシングルマザーになったときだった

■MSSM法

「ドナルド・ウィニコット」が行なっていた治療者とクライエントが交互に殴り描きし、見えたものに彩色をするスクイグル法 (squiggle)とクライエント一人が殴り描きと彩色を行なうスクリブル法 (scribble) を一枚の用紙の上で行なえるように創られた療法。英語ではMutual Scribble Story makingと言う。

山中康裕

■夢分析

夢分析


心理と教育へのいざない。

目次

1 教育とは
2 教育と社会
3 教育と行政:教育の政策、法・制度、管理・経営
4 学校教育
5 大人が学ぶ理由:生涯学習
6 記憶のしくみ:教育心理学
7 赤ちゃんの心:発達心理学
8 対人認知:社会心理学
9 「見える」から「見る」へ:心理学と臨床心理学
10 臨床心理学と心理療法
11 イメージを用いた心理療法  ← 今回
12 教育現場におけるカウンセリング
13 医療における心理臨床
14 あいだの臨床心理学
15 課題と展望

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA