第9回 母平均の区間推定

第9回 母平均の区間推定
母分散がわからないときの母平均の信頼区間の推定方法を学ぶ。そのために、推定量と推定値の区別、推定量が持つ性質、t分布による区間推定の理解を目的とする。
【キーワード】
推定量、推定値、不偏性、母分散が未知のときの区間推定、標準化、標準正規分布、t分布、t値、自由度


9.1推定量の性質

標本平均は、その標本分布の期待値が母平均に一致する。

標本統計量を用いて母数を推定するとき、その統計量が持っている性質

9.1.1 推定量と推定値

推定量(estimator):母数を推定するための標本統計量のこと

推定値(estimate):実際に標本から計算された推定値の具体的な値のこと

9.1.2 不偏値

不偏値(unbiasedness):推定量の期待値が母数と一致する性質

不偏推定量(unbiased estimator):不偏性を持つ推定量のこと

9.1.3 不偏分散

 

Pocket
LINEで送る