再・第10回 ユングのとらえた自我と無意識の相補的関係

フロイトの精神分析が自我の発達を重視するのに対してユング心理学では、自我と無意識の間の相互作用やその間に生じる補償といったダイナミックな現象に着目している。フロイトの精神分析においては、無意識とは、意識から抑圧された個人…

再・第09回 近代的パーソナリティ研究の先駆者としてのユング

C.G.ユングは、近代におけるパーソナリティ研究の先駆者の一人である。言語連想実験を活用して、無意識の作用を実験精神医学の手法によって証明する研究を行い、そこで見出されたコンプレックス概念により、フロイトの「抑圧」概念を…

第13回 心の中の異性像アニマ/アニムスがもたらす心の発達過程

一回目 2023/12/20 二回目 2024/01/22 心は本来全体的であるとすれば、ペルソナが男性―女性軸のうちの一方にかたよって形成された場合、生きられていない心の側面は、心の内なる異性像、アニマあるいはアニムス…