細胞記憶

細胞記憶 – Wikipedia

細胞記憶(さいぼうきおく)という言葉は、以下の異なった二つの概念にあてられている。

  • 個々の細胞の遺伝子発現パターンの差異が細胞分裂を経ても安定に維持される、ということ。個々のDNAに加えられた後天的な修飾の維持。エピジェネティクス。(科学的な説)
  • 人間の思い出や癖や嗜好というのは、脳だけではなくひとつひとつの細胞にも記憶されているのではないか、という思いなし、小説的モチーフ、未検証の仮説

細胞記憶の理解に新たな糸口

-DNAメチル化パターンの継承メカニズムに迫る-2017年8月11日理化学研究所

 

細胞記憶継承をDNA複製と協調するメカニズムの解明~DNAメチル化酵素をDNA複製部位に正確に配置する新たな仕組み~

2020/03/12 — 横浜市立大学大学院生命医科学研究科構造生物学研究室の有田恭平准教授、郡 聡実(博士後期課程1年)、横山 遥(生命医科学コース 2017年度卒業)と、 …

記憶のメカニズムに迫る!|ライフサイエンス|事業成果 …

井ノ口 馨(富山大学 大学院医学薬学研究部 教授): CREST: 生命動態の理解と制御のための基盤技術の創出「細胞集団の活動動態解析と回路モデルに基づいた記憶統合 …

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA