第9回 真菌感染症

第9回 真菌感染症
真菌には種々の種類がある。発酵食品の製造で役立つものもあるが、住居や食べ物に生えて人々を不快にするカビもある。ヒトの体にも、この真菌が感染し水虫、フケなどの病害を及ぼす。症状が無く、本人が感染に気が付かない不顕性感染もあるし、体の深部にも感染が広がり、時には重篤となる場合もある。真菌感染症を防ぐ日常生活の知識を紹介する。
【キーワード】
真菌症、日和見感染、カンジダ、クリプトコッカス、アスペルギルス


1.序論:真菌感染症の概略を知る

(1)一言で言うと

人間の体にカビや酵母が生えて症状が出た状態である。

(2)なぜ、カビが生える?

カビは湿度と微量の栄養さえあればどこにでも生えるほど、生命力が強い。

(3)具体例

水虫、たむし

フケが多すぎる:マラセチア菌の強い感染

2.各論:私達が自分の真菌感染を疑うきっかけ

(1)皮膚の痒みがきっかけ(浅在性皮膚真菌症の場合)

(a)例1:体部白癬(たむし)

(b)例2:股部白癬(いんきん)

(2)皮膚の外見の変化がきっかけ(浅在性皮膚真菌症の場合)

(a)足がジクジクしている。

(b)頭髪に白い粉

マラセチア菌

(c)皮膚の色調の変化

癜風(でんぷう)

表皮(皮膚の最も外側の層)に発生する真菌感染症で、鱗屑(りんせつ)を伴う変色した斑が出現します。 この感染症は真菌の一種によって引き起こされます。 一般的には、皮膚に鱗屑を伴う皮疹が現れます。 診断は病変の外観と皮膚の擦過物の検査結果に基づいて下されます。

②乳児寄生菌性紅斑

カンジダの感染

③頭部白癬(しらくも、頭皮のたむし)

ケルスス禿瘡 毛に侵入した白癬菌が原因の炎症性頭部白癬です。 小児の発症率が高く、頭部への誤ったステロイド外用薬の使用により悪化して発症する場合が多いです。 脱毛を伴いますが、早期に治療を行えば毛髪の再生が可能です。

(d)爪の変化

(a)白いチーズ

①鵞口瘡(がこうそう)

②性器カンジダ症

カンジダ  カンジダは、カンジダ属の真菌(しんきん)というカビの一種によって起こる性器の感染症になります。 男性は尿道、性器周辺の皮膚、女性は膣内、性器周辺の皮膚に感染します。 女性の感染症のなかでは頻繁にみられる病気です。 常在菌による自己感染が多く、性的接触でも感染します。

(3)確定診断に至るまでには、慎重な鑑別診断が必要な真菌症(深在性真菌症の場合)

深在性真菌症 真菌が肺、肝臓、腎臓、脳など、体の深部に入り込んで感染を起こすような状態を深在性真菌症といいます。 おもに骨髄移植・臓器移植を受けた後や、ステロイドや免疫抑制薬を投与されているような、免疫力が低下している患者さんに起こることがある感染症で、診断が遅れた場合は治療がとても難しい病気です。

アスペルギルス症  アスペルギルス症は、アスペルギルス属 Aspergillusの真菌によって引き起こされる通常は肺の感染症です。

クリプトコックス感染 クリプトコックス症はクリプトコックス属真菌による感染症であり、健常者における侵襲性真菌感染症として国内で最も頻度が高い。クリプトコックス属真菌は主に肺や皮膚から感染して病巣を形成する。肺クリプトコックス症が多いが、播種性感染症を起こすことがある。特に中枢神経系に播種して、脳髄膜炎を起こすことが多い。腎疾患、膠原病、悪性腫瘍、糖尿病やステロイド投与などがクリプトコックス症のリスク因子であり、ヒト免疫不全症候群ウイルス(HIV)感染はクリプトコックス脳髄膜炎のハイリスクとなる1)

3.各論:真菌感染を防ぐ

(1)個人衛生対策(市井の人間としての暮らしの中の対策)

外因性真菌症

内因性真菌症

(2)公衆衛生対策(衛生行政担当者が立案、実行すべき対策)

(3)院内感染対策(患者→患者、患者→医療人、医療人→患者)

4.各論:真菌感染を確定診断する方法(鑑別診断)

(1)原因菌の検出

(2)治療的診断

5.総論:真菌症の治療&問題点

(1)代謝

(2)副作用が多い

(3)DDS(drug deliverry system)

6.総論:真菌は動物か?植物か?

動物か、植物かの分類は、従属栄養独立栄養かを基準にしている。

従属栄養(じゅうぞくえいよう)とは独立栄養に対する語で、すべての動物クロロフィルをもたない植物、細菌菌類の行う栄養形式。他養、有機栄養ともいう。これらの生物体自体には無機物から有機物を合成する能力がないため、植物あるいは他の動物を食物として摂取して栄養源とすることとなる。

従属栄養生物とは、生育に必要な炭素を自分自身では生産できず、主に植物や動物に由来する有機化合物を摂取することで有機炭素源を獲得する生物群のことである。 従属栄養生物という用語は、栄養の種類に基づく微生物の分類の一部として、1946年に微生物学分野において生まれた。

独立栄養とは栄養素として有機化合物を必要とせず、無機物だけを用い、これを同化して、生物自体の体を構成する有機物を合成して生活活動を営む栄養形式をいう。 従属栄養に対する語で、自養、無機栄養ともいう。

独立栄養生物(どくりつえいようせいぶつ、英:Autotroph、オートトロフ)は、炭素を含む単純な無機化合物二酸化炭素重炭酸塩など)のみを炭素源として、複雑な有機化合物炭水化物脂肪タンパク質など)を生成して生育する生物群のことである[1]。例えば、二酸化炭素を還元して、生合成経路を経て様々な有機化合物を作る生物群などである。

 

Pocket
LINEで送る