第7回 調査法2:尺度作成の基礎と調査法の実際

心理学研究法(’20)

Psychological Research Methods (’20)

主任講師名:三浦 麻子(大阪大学大学院教授)

【講義概要】
心理学の諸領域で用いられている基礎的な研究法について講義する。学習者が自らテーマを設定して研究を計画し、一連の科学的実証手続きを経てそれを遂行できるようになることを目指して、心理学の研究者・実践家としての心構えを含めて、スキルとテクニックを教授する。

【授業の目標】
心理学の諸領域で用いられている基礎的な研究法を学び、それらをふまえて自らテーマを設定して研究を計画し、収集したデータを分析・考察するという一連の科学的実証手続きを遂行するためのスキルとテクニックを習得することを目指す。

第7回 調査法2:尺度作成の基礎と調査法の実際

心理尺度の作成過程の後半として、回答方法の選定や調査票の構成について学び、項目選定の基準や心理尺度として必要な要件について理解する。様々な心理尺度や調査法の例を通して調査法の活用について考える。

【キーワード】
回答方法、調査票、信頼性、妥当性

執筆担当講師名:大竹 恵子(関西学院大学教授)
放送担当講師名:大竹 恵子(関西学院大学教授)


 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA