第5回 呼吸

人体の構造と機能(’22)-人体の構造と機能及び疾病A-

Structure and Function of the Human Body (’22)

主任講師名:坂井 建雄(順天堂大学特任教授)、岡田 隆夫(順天堂大学特任教授)

【講義概要】
私たちの健康は正常な構造が正常に機能して初めて可能となる。看護師などの医療職に就くためには私たちの身体の正常な構造を知り、それがどのように機能しているかを理解しておく必要がある。私たちの身体の中には胃や腸、心臓、筋肉等々さまざまな器官・組織があるが、これらは互いに独立して働いているわけではなく、筋運動をすると心拍が速くなることからもわかるように、相互に密接に関連しながら機能している。このような機能の調節をも含めて、トータルとしての人体の構造と機能を理解することを目標とする。

【授業の目標】
人体の構造をマクロ・ミクロの両面から系統的に学ぶ。
人体の各器官系の機能を調節系も含めて系統的に学ぶ。

【履修上の留意点】
限られた時間内で全てを講義することは不可能であり、教科書による自己学習が必須である。予習をしてあることを前提として授業を展開する。疑問の点、わからない点は積極的に質問するよう、心がけてほしい。
動物の科学」「生命分子と細胞の科学」(いずれも学部開設科目)を学んでおくと理解しやすい。また、発展・応用科目としての「健康長寿のためのスポートロジー」の受講もお薦めする。
※この科目の通信指導問題の解答および提出はWebのみとなります。通信指導問題冊子は送付されませんのでご注意ください。

各回のテーマと授業内容

第5回 呼吸

呼吸器系の構造と呼吸運動、そしてガス交換のメカニズムを解説する。

【キーワード】
気道、肺胞、吸息と呼息、ガス交換

 


ヘーリング=ブロイエルはんしゃ
Hering-Breuer’s reflex

迷走神経呼吸反射ともいう。肺の拡張によって延髄吸息中枢が抑制される反射。肺には伸張受容器があって,肺が拡張するとそれが興奮して延髄にインパルスを送り,肺が縮小するとインパルスが止む。 E.ヘーリングらは,この機構によって呼吸のリズムが形成されると考えた。この反射の求心性インパルスは迷走神経を通って上行するので,左右の迷走神経を切断すると,呼吸のリズムは遅く,深くなるが,呼吸が完全に停止してしまうことはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘーリングブロイエルはんしゃ【ヘーリング=ブロイエル反射 Hering‐Breuer reflex】

肺迷走神経呼吸反射ともいう。呼吸調節機構の一つ。1868年K.E.K.ヘーリングとブロイアーJosef Breuer(1842‐1925)が報告したため,この名がある。呼吸は吸と呼息のリズムから成り立つが,そのリズムは中枢神経によって調節されているほか,末梢からの求心性情報によって影響を受ける。たとえば,吸息によって肺が拡張されると,肺の伸展受容器が刺激され,その受容器からの求心性情報は迷走神経を通って脳幹にある吸息中枢を抑制し,その結果,吸息筋を支配する吸息性神経活動を抑制し,反射的に吸息を呼息に切り替える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘーリング=ブロイエル反射の言及

【咳】より

…すなわち,気道刺激によって,まず気管支筋の収縮がおこり,これによってさらに二次的に受容器が刺激され,それによって咳がひきおこされるという考え方である。咳は一つ出るとつぎつぎと続くことがあり,この場合は肺の伸展受容器stretch receptorによるヘーリング=ブロイエル反射も関与する。吸う息が深く,急速であるほど,伸展受容器の興奮は大きく,強い呼気すなわち強い咳をひきおこす。…

※「ヘーリング=ブロイエル反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

肺胞の構造をガス交換機能と関連

サーファクタント= 表面活性物質

酸素が結合したヘモグロビン(HbO2)を酸素化ヘモグロビン、結合していないヘモグロビンを脱酸素化ヘモグロビンという参照

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA