第5回 人事評価

産業・組織心理学(’20)

Industrial and Organizational Psychology (’20)

 

第5回 人事評価

人事評価をテーマに取り上げ、公正な評価のために工夫すべきことについて検討する。

【キーワード】
人事評価、パフォーマンス、成果主義、評価のエラー、評価者訓練、評価プロセスへの反応

心理学の視点での人事評価

1.人事評価制度の概要

(1)評価のプロセス

350度フィードバック

(2)評価の内容

コンピテンシー 能力、行動、優れた成果

2.人事評価の実際

(1)人事評価の情報処理過程
(2)評価の形式
・図式尺度法
・行動基準評定尺度法
・目標管理法
・順位法
・強制分布法
(3)評価にみられるエラー
・分布のエラー
・ヘイローエラー
・親近性エラー
・類似性エラー

3.効果的な人事評価の運用

(1)評価者訓練の実施
・評価者エラーを学ぶ訓練
・準拠枠訓練

(2)評価システムに対する評価対象者の反応への注目
・公正感
・有用性
・満足感

(3)評価対象者の肯定的な反応に関わる要因
・関与
・上司
・評価対象者

 

学習課題

1.ある組織が人事評価制度を導入する前と導入した後で組織全体や組織メンバーにどのような違いが生じる可能性があるのかを分析しなさい。

 

 

2.会社を舞台としたドラマを見て、複数の登場人物を複数の評価次元で評価しなさい。そしてその評価を下した自分の情報処理過程を振り返り、正確な評価を行うにはどうしたら良いのかを考察しなさい。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA