第4回 理解と見立て:インテーク面接

第4回 理解と見立て:インテーク面接

心理面接を通して適切な支援をおこなうためには、対象者を「理解」し、関わりの方針を適切に立てていくことが大切になる。とりわけインテーク面接とよばれる初回面接においてどんなことがなされるのか、また、対象者の「見立て」とはどんなことのなのか、インテーカーの役割や態度といったことも含めて講じる。

【キーワード】
インテーク面接、心理学的理解、アセスメント、見立て、インテーカー

2016/07/03 — インテークは,「取り入れること」あるいは「受理(面接)」と訳すことができる。 単なる事務的な受付と混同しないため,インテークという言葉が使用され …
ケアマネジャーが利用者と初めて行なう面接を「インテーク面接」と呼びます。 このインテーク面接を通じて、利用者の現在の問題解決に努めたり、信頼関係を構築して …
来談者理解の視座
セラピストの理解、見立て(仮説)の説明
今後の支援について
クライアントの個性とセラピストの個性の関係性というものが心理療法において大きな役割を演じる
クライアントもセラピストもともに「生身の人間」であるため相性がある、うまく合致することはとても難しいと思う。

心理面接の方法: 見立てと心理支援のすすめ方 – livedoor

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA