第3回歩行の発達

第3回歩行の発達

大人の歩きかたは逆さ振り子

「エネルギー効率の高い歩き方ってどういうこと?」

赤ちゃんの歩き方
乳児の歩行の足跡
モーションキャプチャ技術で幼児の歩行発達メカニズムを解明
https://www.kao.com/jp/corporate/news/rd/2020/20201009-001/

古典的な歩行の発達研究-1930年代 運動発達研究における成熟論

Myrtle Byram McGraw(1899年8月1日– 1988年9月6日)は、アメリカの心理学者、神経生物学者、および子どもの発達の研究者でした。

ダイナミカルシステムズ・アプローチ-1990年代 システム論的展開

Esther Thelen(1941年5月20日– 2004年12月29日)は発達心理学の分野の専門家でした。[1] Thelenの研究は、特に乳児の発達の分野における人間の発達に焦点を合わせていました。[2]

生き物は動く 言葉を話せない赤ちゃんは、動き回って様々な方法で周囲を探索して学習する。動くと何がかわるのか?

1.世界の見え方が変わる
2.物を運ぶことができる。
3.社会的交渉・言語の発達につながる
4.たくさん移動する、ぶらぶらするようになる

歩行の発達は・・・

世界の見え方を変える
物の運搬・操作の背景となる
言語やコミュニケーションの発達の背景となる
長距離の移動、目的がはっきりしない移動をするようになる

歩行開始期において乳児が物と関わる行動の発達 – J-Stage

歩行開始期において乳児が物と関わる行動の発達:. 保育室での縦断的観察に基づく検討. 西尾千尋 1,∗. 石井千夏 2. 外山紀子 2. 1 中京大学 2 早稲田大学.

歩くことでアフォーダンス知覚をどう変えるのか
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA