第2回素材と構造: 生物表面の機能性に学ぶ(釜道)

第2回素材と構造: 生物表面の機能性に学ぶ(釜道)

1.生物の表面構造に学ぶ
・ヤモリの指
ヤモリに学ぶ エコ・フロンティア〜自然に学ぶ科学技術 (6)ヤモリの足に学ぶ“くっつける”技術

ファンデルワールス力 – Wikipedia
ファンデルワールス力(ファンデルワールスりょく、英: van der Waals force)は、原子、イオン、分子の間に働く力(分子間力)の一種である。ファンデルワールス力 …

「ヤモリの足」から生まれた最先端のテープ – 日本経済新聞
2012/05/01 — 日東電工はヤモリの足の裏にヒントを得た接着テープ「ヤモリテープ」を開発した。ナノテクノロジーの進化で、生物が持つ微細構造を忠実にまねることが …

・ハスの葉

蓮(ハス)の葉とは?撥水するロータス効果とは?お茶の効能は?
2015/12/10 — 蓮の葉は、漢方医学の世界では、「荷葉(カヨウ)」と呼ばれ、乾燥させたものがお茶にして飲まれていました。血液中のコレステロールを減らし、脂肪や老廃 …

ロータス効果 – Wikipedia
ロータス効果(ロータスこうか、英: Lotus effect)は、材料工学において、ハス科の植物に見られる自浄性を指す用語。ハス効果とも。ハスの葉を研究したドイツの植物学者、ヴィルヘルム・バルトロット(ドイツ語版、英語版)(Wilhelm Barthlott)により、そこに天然の自浄機構が備わっていることが発見された。

・カタツムリの殻

「カタツムリの殻」ってどうやって作られているの? 梅雨 …
2021/08/27 — カタツムリの殻の材料は? カタツムリは、軟体動物門に属する陸棲の巻貝であり、水棲ではカキやハマグリ、オウムガイなどが有名です …

カタツムリの多彩な世界 – 研究室探訪 – 理学部ニュース
カタツムリは外套膜から炭酸カルシウムを分泌することによって貝殻を形成する。殻を持つことのメリットとしては,外敵に対する物理的防御,体からの水分の蒸発を防ぐなどが …

マイクロガード加工
INAXは、その解決のためにタイルと独自の防汚技術を融合させ、マイクロガードを生み. 出しました。これは通常のタイル表面の親水性をより高める加工技術です。 外壁タイル …

・蛾の眼
夜行性の昆虫である蛾は、暗い夜でも自由に飛び回り、天敵から身を守りながらエサとなる蜜や樹液を出す植物を見つけだすため、進化の過程で特殊な眼の構造を獲得しました。 それが「モスアイ(Moth-eye)」と呼ばれる構造です。2021/01/29
モスアイ構造とは -究極の反射防止を求めて- | TECH TIMES

自己組織化

2.生物の生態系に学ぶ
・砂漠のアリ塚

アリ塚(蟻塚)とは – コトバンク
ありづか【アリ塚(蟻塚) ant hill】 … アリやシロアリ類が地中から地上へ小高く盛り上げてつくる巣で,内部は多数の小室と入り組んだ通路からなり,女王を中心に数万以上の …

アリの巣 – Wikipedia
アリの作るアリ塚(ant-hill) は、単純なもので、土や砂や松葉や粘土など(あるいはそれらの混合物)の堆積でできた山であり、アリが巣を地中に作る過程で入り口付近に捨て …

巨大なアリ塚を築くシロアリの集合精神 – ナショナルジオ …
2014/08/07 — J・スコット・ターナー(J.ScottTurner)氏は過去26年間にわたり、シロアリのアリ塚をプロパンガスで満たし、レーザーでスキャンし、石膏を充填してき …

・凍らない魚

Case 6 氷点下でも魚が凍らないのはなぜ? – Research Frontiers
2017/06/14 — 極地の海に住む魚は、血液中に凍結を抑制する特殊なタンパク質(不凍糖タンパク質など)を保有しています。血液が氷点下でも凍らないのは、この不凍糖 …

レファレンスデータベース > 凍らない魚
2021/03/31 — 北極や南極の魚が、氷点下の水温でも凍らない理由が分かる児童書が読みたい。 回答内容. ①には、「南極の魚は、海水がこおりはじめる-1.8℃の海水温 …

南極の魚が氷点下でも凍らない理由が解明される – ナゾロジー
2018/04/20 — 分子シミュレーションによって、極海に生息する魚が凍らないメカニズムを解明 · 不凍糖タンパク質の疎水部分が氷の成長を抑える · 氷の成長を抑える技術で、 …

「不凍タンパク質」
不凍タンパク質(Antifreeze protein:AFP、不凍糖タンパク質AFGPを含む)は、低温環境下に生息する魚や昆虫、植物、微生物などから見つかっているタンパク質で、生体において、凝固点(凍る時の温度)を低下させ、凍結防止や氷結晶の再結晶化防止による生物の生命維持に寄与するタンパク質です。

不凍タンパク質とは – ニチレイ

・カイメン
海綿動物 – Wikipedia
海綿動物(かいめんどうぶつ、英: sponge)は、海綿動物門(羅: Porifera)に属する動物の総称である。海綿、カイメンなどとも表記される。 熱帯の海を中心に世界中の …

意外と知らないカイメンについて – World Explore Official Blog …
2012/09/18 — 全てのスポンジは、海に生息する海綿動物(カイメンとも呼ばれている。英語:スポンジ)から収穫されていましたが、過剰な収穫が続き20世紀半ばで …

15K18620 研究成果報告書 – KAKEN PDF
「カイメンに学ぶフェイルセーフ」. 下村政嗣編著「トコトンやさしい バイオミ. メティクスの本」(日刊工業新聞社). 160p(p.124-125). 3) 椿 玲未(2016).

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA