第1回骨格筋の構造と機能

第1回骨格筋の構造と機能

骨格筋の構造
骨格筋の断面を見ると筋肉がいくつかの束から構成されています。 この束を筋束といいます。 筋束は数十から数百本の筋細胞によって構成され、さらに筋細胞の中には数多くの筋原線維という細胞内器官があります。 筋原線維は横から見ると色の濃い部分(暗帯)と薄い部分(明帯)が交互に並んでいて横紋と呼ばれます。

筋肉の構造 – 宇多野病院

骨格筋の構造と機能|骨格筋の機能 | 看護roo![カンゴルー]
2016/04/07 — 骨格筋の構造 · 骨格筋はよく発達した横紋をもち、随意運動に関与する。 · 骨格筋は運動神経支配を受けている。 · 骨格筋の筋原線維は、横行小管(T管)と筋 …

Pocket
LINEで送る

“第1回骨格筋の構造と機能” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA