第1回バイオミメティクス: 生物の形や仕組み、動きに学ぶ新しい技術(釜道)

第1回バイオミメティクス: 生物の形や仕組み、動きに学ぶ新しい技術(釜道)

SHARP ネイチャーテクノロジー
自然の摂理に学び、暮らしにも環境にもやさしく快適なものづくりを目指す「ネイチャーテクノロジー」をご紹介。

マジックテープ (面ファスナー)
面ファスナーは、スイスのジョルジュ・デ・メストラル (George de Mestral) が1941年にアルプスを登山したとき、自分の服や愛犬に貼り付いた野生ゴボウの実にヒントを得て、1948年に研究を開始した。

新幹線(騒音を抑える工夫)
1.トンネルドン
2.パンタグラフによる乱流

新幹線の先頭車両は「トンネルドン」対策のために変わった …
2017/11/10 — この、放射された圧力波は「微気圧波」と呼ばれ、「ドン」という大きな騒音を生み出します。このため「トンネルドン」とも表現されます。 問題に …

トンネル微気圧波低減対策 | 研究開発 – 鉄道総研
列車が高速でトンネルに突入すると、トンネル内に圧縮波が形成され、トンネル内を音速で伝播して、反対側の出口から外部へ向かってパルス状の圧力波を放射します。

バイオロボティクス
バイオロボティクスとは、人間や生物の構造や機能をモデルとして新しいロボットを作り出すロボット工学の一分野である。本講義では、ロボット工学の基礎となるロボット …
バイオハイブリッド・ロボットの最新動向 機械と生物の機能
2021/05/25 — 最近では、このように機械と生物の機能が合体した「バイオハイブリッド・ロボット」の研究成果がいろいろと発表されている。 ネズミの細胞を使って泳ぐ …

ソフトロボティクス
ソフトロボティクスとは
生物の動きからアイデアを得たテクノロジーを用いることで、今までにない斬新なロボティクスとなっています。 このロボティクスは、剛体材料や動きの不変性を求めず、柔軟で有機的な構造と、生物の動きを模倣しています。 目標とするのは、ロボットが直感的かつ繊細に可動することです。
ソフトロボティクス入門:ソフトロボット元年 – Open Soft …
2018/04/12 — ソフトロボティクス(soft robotics)は、やわらかいロボットをあつかう新しい研究分野だ。 「ソフト」はソフトネス(softness:柔軟性)のことで、 …

ジャミングロボット
どんな形状でも掴めるロボットハンド!?ユニバーサル …
こんにちは!産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]今回は、ロボットハンドの1種であるユニバーサルジャミンググリッパについて …

◆古くからある生物模倣技術
Leonaldo da vinci
鳥の飛翔に関する手稿

Marc Isambard Brunel
フナクイムシに着想を得て、シールド工法を考案
シールド工法の歴史 シールド工法とは,トンネルの先端にシールドと呼ばれる茶筒の様な鋼鉄製の外筒を設けて,崩壊しようとする土を押さえつつ掘削を行い,内部でゼグメントと呼ばれるブロックをリング状に組み立てていく工法である。
シールド工法―更なる長距離化・大深度化へ

フナクイムシ – Wikipedia
フナクイムシ(船喰虫)は、フナクイムシ科 (Teredinidae) に属する二枚貝類の総称。ムシとついているが、実際は貝の仲間である。英語ではshipworm、ドイツ語 …

Otto Schmitt
「バイオミメティクス」という言葉を命名
シュミットトリガ – Wikipedia
シュミットトリガ (Schmitt trigger) は、入力電位の変化に対して出力状態がヒステリシスを持って … 7413: Dual Schmitt trigger 4-input NAND Gate; 7414: Hex Schmitt trigger …


生物の形や能力を利用する学問
生物の形や能力を利用する学問バイオミメティクス (国立科学博物館叢書)

トコトンやさしいバイオミメティクスの本
トコトンやさしいバイオミメティクスの本 (今日からモノ知りシリーズ)

やわらかいロボット
やわらかいロボット (新・身体とシステム)


 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA