心理学者が提唱する、いい人生を送るために最も大切なこと

心理学者が提唱する、いい人生を送るために最も大切なこと

これは、「本当の課題」と同じことなのだろうか。

幸福感を重視する人は、安定性やポジティブなマインドセットに価値を置き、

目的を重視する人は、強い道徳心を持つ傾向があります。

心理的な豊かさを重視する人は、好奇心や自発性に価値を置く傾向があります。

 

最も重要なことは、自分が何者であり、何に価値を置いているのかを見極める自己認識力を身につけることです。なぜなら、それがあなたにとって良い人生とは何かを定義するからです。

ひとりひとりが、正しく自己認識しなれば、良い人生が何かはわからない。

著者の1人であるフロリダ大学の心理学助教授であるErin Westgate氏がQuartzに語った内容。
■心理学者は、良い人生は幸せである必要はなく、意味のあるものである必要はないと言います

https://qz.com/2049935/what-does-a-good-life-look-like/

あなたにとって良い人生はどのように見えますか?一部の人にとっては、このフレーズは、緊密な家族、安定した仕事、そして樫の木がアーチ型になっている通りの端にあるビクトリア朝の家のイメージを思い起こさせるかもしれません。他の人々は、看護師や教師として働くこと、ボランティア活動、または環境活動にエネルギーを注ぐことによって、世界に変化をもたらすという目標に焦点を合わせるかもしれません。

アリストテレスの理論によれば、最初の種類の生活は「快楽主義」に分類されます。これは、喜び、快適さ、安定性、そして強い社会的関係に基づいています。二つ目は「幸福」であり、主に、より大きな善に貢献することによって得られる目的意識と充実感に関係しています。古代ギリシャの哲学者は彼の論文NicomacheanEthicsでこれらの考えを概説しました、そして心理学は人々が地球での彼らの時間から望むかもしれないものの可能性を議論するとき以来ずっとそれらをほとんど立ち往生させました。

しかし、アメリカ心理学会の心理学レビューに掲載された新しい論文は、良い生活を送るための別の方法があることを示唆しています。それは幸福や目的に焦点を合わせているのではなく、むしろ「心理的に豊かな」人生です。

面白くて多様な生活

心理的に豊かな生活とは何ですか?バージニア大学の心理学教授である大石茂とフロリダ大学の心理学の助教授であるエリン・ウェストゲートによると、それは「目新しさや複雑さが大きな変化を伴う興味深い経験」を特徴とするものです。視点で。”

たとえば、留学は、大学生がしばしば心理的な豊かさを生活に取り入れるための1つの方法です。彼らが新しい国の習慣や歴史についてもっと学ぶにつれて、彼らはしばしば彼ら自身の文化の社会的慣習を再考するように促されます。困難な新しいキャリアパスに着手することを決定したり、前衛的な芸術に身を浸したりすることも(この論文はジェームズジョイスのユリシーズに特別な叫び声を与えます)、人は自分の人生がより心理的に豊かであるかのように感じるかもしれません。

重要なのは、心理的に豊かな資格を得るために、経験が楽しいものである必要はないということです。それは困難でさえあるかもしれません。戦争や自然災害を乗り越えて生きることは、あなたが特に幸せで目的のある人生を送っているように感じるのを難しくするかもしれませんが、それでもあなたは心理的な豊かさの経験から抜け出すことができます。または、それほど劇的ではないが、それでも痛みを伴うイベントに遭遇する可能性があります:不妊症、慢性疾患、失業。詳細に関係なく、あなたは苦しみを経験するかもしれませんが、それでもあなたの経験があなた自身とあなたの周りの世界のあなたの理解をどのように形作るかに価値を見いだします。

ウェストゲート氏は、良い人生がどのように見えるかという私たちの概念に心理的な豊かさを加えることは重要です。なぜなら、それは「挑戦と困難の余地を作るからです。それは「すべてが順調にスムーズに進んでいる」だけではありません。ストレッチして不快な経験をすることには価値があります。」

逆に、良い人生が何であるかについての狭いモデルだけを自分自身に許すならば、快楽的でも幸福的でもない人生を持っている人は悪い人生を持っているに違いないと思い込んでしまうかもしれません。経験と価値観。」
誰が心理的な豊かさを望んでいますか?

快楽的、幸福的、そして心理的に豊かな生活は、相互に排他的ではなく、また、一方が他方よりも優れているわけでもありません。 「人生が良い人は、一方向だけでなく、多くの点で良い傾向があります」とウェストゲートは述べています。ですから、あなたは幸せで、目的があり、変革の経験に満ちた人生を送るかもしれません。あなたはラッキーです!

しかし、人々はまた、あるタイプの生活を別のタイプの生活よりも優先することを選択するかもしれません。たとえば、この調査では、さまざまな国籍の参加者のビッグファイブの性格特性を分析しました。(性格評価の中で最も科学的であると見なされているビッグファイブテストは、被験者が5つの性格特性のスペクトルに該当する場所を評価します:誠実性、経験への開放性、神経症傾向、外向性、および協調性。)

調査によると、「経験への開放性」で上位にランクされた人々は、心理的に豊かな生活を送る可能性が高かった。大石とウェストゲートは、経験への開放性は、しばしば「鮮やかな空想、芸術的感受性、感情の深さ、行動の柔軟性、知的好奇心、そして型破りな態度」によって特徴付けられると言います。

ですから、一般的に芸術的で型にはまらない人が、変化に満ちた人生に引き寄せられるのは当然のことです。著者が指摘するように、「幸せな人生も意味のある人生も人間のモチベーションの全範囲を捉えていない重要な理由は、幸せな人生と意味のある人生の両方が単調で反復的である可能性があることです。」

心理的な豊かさはWEIRD現象ですか?

一方、この研究では、「幸せな生活は外向性と最も強く関連しており、次に誠実性、神経症傾向が低い」と説明されていますが、ビッグファイブの特徴は意味のある生活を追求する人々の間でかなり均等に分かれていました。興味深いことに、著者はまた、心理的に豊かな生活を送っている人々は政治的にリベラルで社会的変化を受け入れる傾向があり、幸せまたは有意義な生活を送っている人々は現状を維持したいと思う傾向があることも発見しました。

著者の大きな懸念の1つは、心理的に豊かな生活の追求がWEIRD(西洋、教育、工業化、豊か、民主主義)社会に特有の現象なのか、それとも他のニーズを満たした特権者だけが望むものなのかということでした。しかし、この研究では、心理的に豊かな生活という考えは、他の場所よりも西洋や裕福な国では人気がないことがわかりました。そして、幸せな生活を送っている人々は社会経済的地位が高い傾向がありましたが、著者は収入と心理的に豊かで有意義な生活を送っている人々との間に有意な関連性を見つけませんでした。

しかし、彼らは、心理的に豊かな生活という考えが、特定の国の人々にとってより魅力的であることに気づきました。9カ国の研究参加者に、1つしか選べない場合にどのような人生を選ぶかを尋ねたところ、全体的に幸せな人生が勝者でした。心理的に豊かな生活は、日本(16%)、韓国(16%)、インド(16%)、ドイツ(17%)で最も人気があり、シンガポール(7%)で最も魅力的ではありませんでした。

ウェストゲートは、特定の国の人々が心理的な豊かさを追求するという考えに多かれ少なかれ興味を持った理由を彼女は知らないと言います。しかし、彼女は人々が彼らの年齢に応じて良い生活の特定のバージョンにもっと重きを置くかもしれないと疑っています。

「私たちの生活の中で、不快感を受け入れ、探索を優先することがあります」と彼女は若い大人の頃のホステルでの自分の旅行を思い出して言います。そして、研究によれば、人々は年をとるにつれて幸せになる傾向があります。これは、「やりがいのある経験を優先するのではなく、彼らを幸せにする身近なものを優先するという事実と結びついています。新しい人に会う代わりに、彼らは家族や親しい友人を優先します。それらのことは幸福を増しますが、心理的な豊かさを減らすかもしれません。」

人生を生きる価値のあるものにするもの

良い人生を送ることの意味を考えることは、Covid時代の現実によって複雑になり、多くの人々が望む種類の人生を創造する能力に特別な制限を課しています。友人との時間を過ごすことに大きな価値を置いている人は、封鎖に照らして社会的である機会が少なかったでしょう。旅行が好きな人は、おそらく以前よりもはるかに少ない旅行をしました。幸福、意味、または心理的豊かさへのどのような方向性が、私たちの現在の状態で最も有利である可能性がありますか?

ウェストゲートは、答えは当然人によって異なると言いますが、パンデミックの最前線に立ってきたエッセンシャルワーカーとヘルスケアワーカーにとって、「意味と心理的豊かさに焦点を当てることはより顕著かもしれません。彼らは、心理的な豊かさに関連する挑戦的で劇的な時代を生きており、彼らがしていることは本当に意味があります。」

今は特に良い人生を送っていないと感じている私たちにとって、幸せで、意味のある、心理的に豊かな人生がどのように見えるかというさまざまな側面を考えることは、私たちがしたい変化を理解するのに役立つかもしれません。

そして、あなたの人生が現在、論文で説明されている3つのカテゴリーのいずれにも該当しない方法で良好であると感じた場合、その著者は、彼らが説明していないさらに多くの側面、つまり知的生活があるかもしれないと述べています。 、創造的な生活、または愛情のある、思いやりのある生活など。

アリストテレスは、ほぼ2千年半前に何かに取り組んでいました。しかしウェストゲートは、心理学が哲学者の基礎を超えて前進し続けることが重要であり、人生を生きる価値のあるものにするものについての私たちの見解を拡大すると述べています。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA