ダニエル・クレメント・デネット3世(Daniel Clement Dennett III, 1942年3月28日 – )

ダニエル・クレメント・デネット3世Daniel Clement Dennett III, 1942年3月28日 – )は、アメリカ合衆国哲学者著述家認知科学者である。心の哲学科学哲学生物学の哲学などが専門であり、その中でも特に進化生物学認知科学と交差する領域を研究している。

現在、タフツ大学の認知研究センターの共同ディレクター、オースティン・B・フレッチャー哲学教授、ユニバーシティ・プロフェッサーを務める。デネットは無神論者かつ世俗主義者であり、アメリカ世俗連合の評議員[4]ブライト運動の支持者でもある。デネットは「新無神論の4人の騎手」の一人に数えられる。他の3名はリチャード・ドーキンスサム・ハリス、そしてクリストファー・ヒッチェンズ[ある。

 

心はどこにあるのか (ちくま学芸文庫)

1.さまざまな種類の心

「存在論」 独我論 独我論 – Wikipedia

「認識論」 「自分とは心、すなわち、レス・コギタンス・、考えるものである。」ルネ・デカルト – Wikipedia

わたしとあなたがどのような方法で心を知っているかという観点から論じられている。つまり、独我論は誤りだということを前提としている。

「人間以外の生き物は、心を持つか」

 

 

Pocket
LINEで送る

“ダニエル・クレメント・デネット3世(Daniel Clement Dennett III, 1942年3月28日 – )” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA