エリック・ホッファー

「生きる」ことに真摯であるということ

8月4日 実際には一つ一つの文章に頭をしぼらなkeればならなし、価値のあるものを書こうとするならば一つの観念を長い間一心に考えなkeればならないのである。

 

エリック・ホッファー – Wikipedia
エリック・ホッファー(Eric Hoffer, 1902年7月25日 – 1983年5月20日)は、アメリカの独学の社会哲学者。 目次. 1 来歴・人物; 2 著作; 3 脚注; 4 関連項目 …

波止場日記――労働と思索 (始まりの本)

エリック・ホッファー 自分を愛する100の言葉 「働く哲学者」の人生論

小川 仁志
哲学者・山口大学国際総合科学部教授。1970年生まれ。京都市出身。京都大学法学部卒業。名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。専門は公共哲学・政治哲学。商社、市役所、フリーターを経た異色の哲学者。「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。各種メディアでも積極的に発言。公式ホームページ(http://philosopher-ogawa.com/

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA