相棒6 3話「蟷螂たちの幸福」

相棒6 3話「蟷螂たちの幸福」 人気ミステリ作家・蓬城静流(荻野目慶子)の夫・田橋(江藤潤)の遺体が発見された。遺書が残されており自殺と見られたが、拳銃に不自然な細工があったこと、クッションと百科事典が一冊現場から消えて…

国民が苦しみもがいている時、政府は税金を引き上げる。「日本経済は復活しない」と断言できるワケ=鈴木傾城

経済縮小(デフレ)しているのに、日本政府はまるで「死ね」と言わんばかりに消費税を引き上げたので、日本経済はまったく成長しないままゼロ成長に沈んでしまっている。左翼反日議員は論外だが、与党の議員もまともかどうかは怪しいもの…

ジョージ・ソロス「ウクライナでの戦争が第三次世界大戦になり、我々の文明は滅ぶかもしれない」

ジョージ・ソロス、 ソロス・ファンド・マネジメント会長兼オープン・ソサエティ財団会長。 Photo: Oleksii Samsonov / Global Images Ukraine / Getty Images 画像ギ…

「空中の楼閣」・・・・相棒シーズン6第7話。美和子(鈴木砂羽)の初めての単行本

相棒6 第7話 「空中の楼閣」vsd1104のブログ ネタバレあり  美和子(鈴木砂羽)の初めての単行本を担当していた編集者の勝村(大鷹明良)が何者かに殺害された。勝村の指先が赤く汚れているが、美和子によると原稿の書き込…

楽天モバイル着信が鳴っているのにAndroidスマホで取れなかった。

楽天モバイル着信が鳴っているのにAndroidスマホで取れなかった。 何回やっても、着信ボタンがでないので、取れず、 面倒くさい、本人確認入力を何回もしてしまった。 ほんとに腹がたつ。 楽天は、お終いだな。 アプリの通知…

日本国民はまるで政府のATM。給料の半分近くを税金と社会保険料で毟り取り、30年の失政のツケを私たちに払わせている=鈴木傾城

政府が国を成長させたいのであれば、個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せばいい。ところが政府は「財政赤字がキツい」と言いながら、ひたすら予算を削り、国民に増税して、国民の給料の半分近くをむしり取って日本人が「消費…

ウクライナ なぜロシアは侵攻したのか

ロシアがウクライナへの侵攻を開始した。米欧の警告を無視し、ウクライナを自国勢力圏にとどめるべく実力行使に出た。北大西洋条約機構(NATO)・欧州連合(EU)への加入を探るウクライナ、東方への拡大を続けるNATO、かつての…

授かり効果(元彼の遺言状)

授かり効果 その後、麗子は木下神父が「隠していたこと」を聞いた。信長は独立し、念願の居酒屋を開く予定だったという。そのために過去の罪を全て清算するため懺悔をした。独立するため、生命保険を解約すると言っていた。蘭丸は激しく…

「円満退職」「好きなことをして生きる」という幻想 辞めるのにいい人に思われようとするな

© 東洋経済オンライン (写真:Fast&Slow/PIXTA) どんなにブラック企業に勤めていようとも退職するとなったら「円満に辞めたい」と思うのが人というもの。しかし、『反応したら負け』の著者である漫画家・コ…

苦境の楽天、携帯料金「0円」断念 契約者の反発も

去年、無料だから楽天にしたのに もう、解約しかないな。 新たな携帯料金プランを発表する楽天グループの三木谷浩史会長兼社長 楽天グループは13日、国内携帯電話サービスの目玉だった「0円」でも利用できる料金プランを7月から廃…