「70歳の半数以上」が働く時代に突入する…若者も知っておきたい「人生100年時代の実態」

「70歳の半数以上」が働く時代に突入する…若者も知っておきたい「人生100年時代の実態」 「人生100年時代」「老後2000万円問題」などと言われ、60代、70代以降のキャリアやお金の準備にまで不安を煽られる昨今。実際の…

会社員はやっぱり損?国民年金「月5万円」維持へ厚生年金で穴埋め、それでも今の高齢者を「ズルい」とは言えぬワケ=矢口新

厚生労働省は国民年金の支給額を今の物価水準で「月5万円以上」に保つため、会社員が払う厚生年金の保険料や国庫負担で埋め合わせる検討に入るとしている。国民年金は未納期間があるために半数以上が全額貰えていないという。では、月5…

英中銀、国債購入で「年金危機」回避 低金利のひずみ露呈

イングランド銀行(ロンドン) 英イングランド銀行(中央銀行)が英国債の購入に突如、転換した。電撃的な買い入れに踏み切ったのは、年金基金が破綻する事態を避けるためだ。低金利を前提にリスクが潜む運用に傾斜した年金が、国債価格…

年金財政は「国民の犠牲」なくして成り立たない…日本社会に訪れる恐ろしい“これから”

老後2000万円問題で国会が紛糾したり、高校の授業でお金の勉強が始まったりした背景には、国が「国民を養えない」と感じているという現実があります。本記事では、スティーブ金山氏が著書『18歳になったら、必ず押さえておきたいF…

パートナーの選択は慎重にしないと、自分が思い描いていた理想のセミリタイア生活を送ることができなくなるかもしれませんよ。

すばらしいブログを発見しました。 私は、ずっと会社を辞めたい、辞めたいと思いながら、結婚してしまった愚か者ですが、この男性のように初めから言っていればと、今後悔している。 相談者の女性が36歳、早期リタイアを目指している…

世界中で働くモチベーションが無くなっているのか

まじめに働いても年々税金(社会保険料)が上がって手取りが減っているそして、どんどん上がる物価と下がり続ける円、この世の中で、優遇されているのは、住民税非課税世帯のみである。もうサラリーマンは退職して、住民税非課税世帯を目…

「将来の夢は会社員」そんな子どもたちは知らない、”粗大ゴミ”として扱われるシニア社員の末路

日本は「会社員崩壊時代」に突入している   今年3月に発表された「第33回 大人になったらなりたいもの」調査のランキングで、前年に続いて「会社員」が1位になった。なぜ子どもたちは会社員に夢を持つようになったのか…

国民が苦しみもがいている時、政府は税金を引き上げる。「日本経済は復活しない」と断言できるワケ=鈴木傾城

経済縮小(デフレ)しているのに、日本政府はまるで「死ね」と言わんばかりに消費税を引き上げたので、日本経済はまったく成長しないままゼロ成長に沈んでしまっている。左翼反日議員は論外だが、与党の議員もまともかどうかは怪しいもの…

日本国民を“政府のATM”にするのは誰か?新しい税を次々と創設し、「死ぬまで働け。そして税金を納めろ」という卑劣さ=鈴木傾城

2020年になると、日本経済は消費税10%とパンデミックで往復ビンタで叩きのめされた。そうであれば、消費税を引き下げるとか凍結するという大胆な経済政策を行えばいいのだが、日本政府はそれをしなかった。国民よりも財政規律が大…

令和4年は給与の半分以上が税と社会保障に消える? 財務省「潜在的な国民負担率は56.9%へ」

SNSを中心に、給与の半分近くが税金と社会保険料で引かれているという声が広がりを見せつつある。江戸時代には、「四公六民」という言葉があり、農民はその年の収穫高のうち4割を年貢として領主に納める必要があった。 江戸時代の中…

日本国民はまるで政府のATM。給料の半分近くを税金と社会保険料で毟り取り、30年の失政のツケを私たちに払わせている=鈴木傾城

政府が国を成長させたいのであれば、個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せばいい。ところが政府は「財政赤字がキツい」と言いながら、ひたすら予算を削り、国民に増税して、国民の給料の半分近くをむしり取って日本人が「消費…

これから日本は「いっそう人に冷たい社会」になる…どんどん貧しくなる時代に”幸福”をつかむための最終手段

「いったい私たちは何のために生きるのか」   値上げのニュースが続いている。これから日本はどうなってしまうのか。文筆家の御田寺圭さんは「社会に余裕がなくなるほど、人々は他者に厳しくなる。これから日本はよりギスギ…

富裕層は「スマホ」と「コーヒー」に目もくれない

  2016/03/17 に書かれた記事であるが、今思うと 私は、「スマホ」は、楽天モバイルで0円であり、以前は、ドコモで「スマホ」ではなかったが、980円月だった。 「コーヒー」は、もともとドトールとかスタバ…

貧困より恐ろしい死に至る病…40代50代のサラリーマンを襲う「絶望死」のハイリスク

40代50代が迷っている。給与アップや出世の望みは絶たれ、「45歳定年制」「役職定年」「年収激減の定年延長」と暗い未来しか描けない。「働かないおじさん」以前に「居場所がない」のだ。約900人のインタビュー調査をした健康社…

「会社がツラい…」強いストレスを感じているサラリーマンが50%以上いる実態

「従業員の働き方は改善する必要がありますが、仕事のやり方や求める成果を変えずに、労働時間だけ削っても、それは労働強化にしか繋がりません。」 そうそう、仕事量を減らさないで、残業時間のみを減らされたら、ストレスフルな労働環…