第3回 対象(2)言語学から

第3回 対象(2)言語学から

(1)言語学の研究領域を理解する。
(2)言語学に対する記号論の影響を理解する。
【キーワード】
記号、ド・ソシュール、ランガージュ、ラング、パロール、シニフィアン、シニフィエ、恣意性、二重分節、音声学、音韻論、文法、形態論、統語論、文章論、意味論、語用論、文字論


言語科学会

1.言語学とは

言語学(linguistic)「言語の構造と機能とに関する科学的研究」

記号(sign)

形式言語(formal language)

人工言語(artifical language/constructed language)

2.記号としての言語

ド・ソシュール(Ferdinad de Saussure,1857-1913)

・差異 rとl

・分節

・二重分節:音による分節と語による分節

・言語の生産性(productivity)

ランガージュ(langage) 言語活動、言語能力

ラング(langue)それぞれの社会において社会的規模の体系として実現された言語

パロール(parole)発話

シニフィアン/シニフィエ

恣意性

構造と体系 統合関係(syntagmatic)と連合関係(paradigmatic relation)

3.音声学phoneticsと音韻論phonology

音声(speech sounds)

音(sound)

4.文法(grammar)と形態論(morphology)・統合論(syntax)・文章論

5.意味論(semantics)・語用論(pragmatics)

心理学者・オズグット1950年に開発SD法(意味微分法semantic differential method)

家族的類似(family resemblance)

6.文字論

7.「新しい言語学」について


学習課題

第一章の演習問題で見出した事例と、言語学との関係を考えてみよう。

 

 

Pocket
LINEで送る